「送信された URL が canonical として選択されていません」でインデックスから除外された

Last modified on:

FirmBee / Pixabay

Google Search Consoleでインデックスが除外された

 

GoogleのSerach Consoleで、WEBページの有効インデックスが突如減り始め、

除外ページが増加しました。原因は、「送信された URL が canonical として選択されていません」というエラー。

canonicalタグの指定を見直したりしていたのですが、解消されず。。

site:で検索を確認してみた

アドレスバーにsite: <URL>をいれて確認してみます。

 

 

結果を見てみると、なんとhttpsになっていることに気づきました。

エックスサーバーのサーバー設定を見てみると、SSLを有効にしていました。

無料で提供されているので、最初なんとなく設定してしまっていたようです。。

 

HTTPS化する

HTTPS化を設定します。

1.Wordpressの設定をHTTPSに変更

 

 

2.画像のURLをHTTPSにする

画像のURLをHTTPSに変更します。プラグインなどもあるみたいですが、ここではSQLで変更する方法を試しました。

まず、DBへのアクセス情報を確認します。public_htmlのディレクトリーの下にあるwp-config.phpを確認し、MySQLのユーザー名、パスワードを確認。以下の青字部分です。

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'ユーザー名');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');

確認したら、エックスサーバーのサーバーパネルから、phpmyadminを選択します。

 

ログイン情報に、先ほどのwp-config.phpに書かれたユーザー名、パスワードを記入します。

ログインできたら、データベースを選択し、SQLタブから以下のSQLを実行。

UPDATE wp_posts
SET post_content = ( Replace (post_content, 'src="http://', 'src="//') )
WHERE Instr(post_content, 'jpeg') > 0
OR Instr(post_content, 'jpg') > 0
OR Instr(post_content, 'gif') > 0
OR Instr(post_content, 'png') > 0;

クエリーが成功したら、投稿記事のテキストビューから、httpだった記載が変更されているのを確認します。

内部リンクがある場合には、内部リンクをHTTPからHTTPSに変更します。

3..htaccess編集

httpsへリダイレクトするために、.htaccessを編集します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

4.WEBページから問題ないか確認

HTTPSで正常にアクセスできるかどうか、リンクなどが問題ないかどうか確認します。

 

Google側も設定

Google側の設定も変更する必要があります。

  • アナリティクス : 登録URLを変更 HTTPからHTTPSに
  • サーチコンソール : HTTPSの新規プロパティ追加
  • アドセンス: 広告コードを貼っている場合には、再度新しい広告コードを作成して貼り直し

 

何日かすると、サーチコンソールのHTTPSで追加したプロパティで、正常にインデックスされていることが確認できました。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です