初めてのiphone アプリ作成①新規プロジェクト作成

Last modified on:

FirmBee / Pixabay

 

iPhone アプリを作ってみたい

やりたいことの中でずっとずっと眠っていたiPhoneアプリ作成をやってみることにしました。

まず準備から。

iPhoneアプリ開発には必要なもの

  1. Mac
  2. xCode(アプリ開発に必要な統合開発環境 Appleから無償提供)
  3. iphone

必要なものの中で、xCodeがないため、導入します。

xCodeインストール

Apple社からxCodeをダウンロードして、導入します。

(今回は、MACのOSの前提条件が合わず、アップグレードする必要があったので、思ったより時間がかかりました。)

https://developer.apple.com/jp/xcode

今回の環境

MacOS 10.13.2

xCode version9.2

swift 4.0.3

 

※swiftのVersionは、Macのターミナルから以下のcommandで確認出来ます。(抜ける時は、「:exit」)

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/bin/swift -v

今回作成したいもの

作成したいアプリの種類を決めます。

まずはクイズアプリを作成しようと決めていたのですが、何から始めればいいのか、分からないため、本当は機能の設計とかしたほうがいいのでしょうが、公開されているものから参考になりそうなものを見て、参考にしながら作成することにしました。

今回参考にしたのは以下の動画。とっても分かりやすいです。

新規Projectの作成

1. xCodeの起動画面で、「Create a new Xcode project」を選択します。(下記のの黄色矢印部分をクリック)

 

2.Templateを選択します。ここでは「Single View App」を選択。これは最初から1つの画面が用意されているTemplateです。

3.Projectの設定画面。任意の名前を記入。LanguageはデフォルトのSwiftです。

4.Projectの保存先です。任意の場所に配置。

 

5. Xcodeの画面が表示されます。画面左側のナビゲータエリアから、Main.storyboardを選択。これでビジュアルを確認しながら画面作成ができます。右下のライブラリペインから「Label」を選択し、中央の画面にドラッグします。

 

6. 中央の画面に、Labelが表示されました。Labelのサイズはマウスの操作で変更可能です。書式は右上のアトリビュートインスペクターで設定可能です。(設定画面は上部にあるボタンで切り替え可能です。)

 

 

7. 同様の手順でButtonを配置します。Buttonをコピーして4個配置しました。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です