クライアント証明書の確認ポップアップを表示しない方法

Last modified on:

200degrees / Pixabay

 

ブラウザ上でのクライアント証明書の確認を省略したい

 

クライアント証明書が必要なサイトにアクセスすると、Windowsセキュリティから、証明書の確認画面が表示されることがあります。

確認ポップアップを表示させない方法を探してみました。

 

InternetExplorer

IE(11)では、「インターネットオプション」「セキュリティ」「レベルのカスタマイズ」を表示し、

「既存のクライアント証明書が1つしか存在しない場合の証明書の選択」「有効にする」にチェックをし、OKを選択します。

これによって、クライアント証明書が1つしかない場合には、自動的に選択され、確認画面が省略されます。

 

Microsoft Edgeは?

IEは、上記の設定をすることで、クライアント証明書の確認画面は表示されなくなりましたが、Edgeは表示されています。

Edgeは、一部設定はIEと共通らしいと聞いて、IEの信頼済みサイトに追加したところ、Edgeでも表示されなくなりました。

「インターネットオプション」「セキュリティ」「信頼済みサイト」「サイト」「このWebサイトをゾーンに追加する」の箇所にサイトのURLを記入→「追加」を実行し、閉じる

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です