WordPress コピーライトの記載を変更する方法

Last modified on:

kreatikar / Pixabay

 

サイトのコピーライトを記載

WEBサイトでよくみかけるコピーライトの記載を変更します。

実際には記載がなくても、日本では著作権が主張できるようですが、一応記載をいれておきます。

コピーライトの記載の際には、以下の情報は含める必要があります。

  1. ©(copyright sign / 著作権表示記号)
  2. 著作物の発行年
  3. 著作権者の名前(ここではWEBサイト名)

テーマについている機能で変更

islemag(アイルマグ)では、管理画面から記載することができます。

「カスタマイズ」→「フッター」の箇所に 「Footer copyright」のボックスがあるため、そこに記入して保存。

 

footer.phpを変更

WordPressで使用する多くのテーマで、「proudly powered by wordpress」やテーマの作成者の記載があります。

(念のためにテーマ固有の記載については、削除可能かどうかは確認したほうがいいかもしれませんが、私が使用したことのある公式の無料テーマでは、コピーライトの記載について、特に要求のあるものはなかったですが)

footer.phpで、変更したい部分を検索し、その部分を全部コメントアウト。そして以下を追記します。

<p>Copyright <?php echo date('Y'); ?> &copy;<a href="<?php echo home_url(); ?>"><?php echo bloginfo('name'); ?> </a> All rights reserved.</p>

変更したfooter.phpを子テーマのディレクトリーに保存し、変更がきちんとできたかどうか確認で完了です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です